大分旅行記(19年1月):The 旅行道:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

大分旅行記(19年1月) [国内旅行記]

昨年11月、ユナイテッド航空の1万マイルを使って下記特典航空券を発券しました。
DAY1 NH3165 NGO 0730 OIT 0845
DAY2 NH3170 OIT 0830 NGO 0930 (NH、NGO、OITはそれぞれ全日空、名古屋、大分)
また楽天トラベルのキャンペーンを狙って、レンタカー(ヴィッツクラス、DAY1の朝からDAY2の夕までで2000円)とホテルサンバリー(温泉、朝食つきで3385円)を予約しました。

旅行初日、自宅近くのすき屋で朝食をとり、名鉄電車でセントレアへ。
大分到着後、レンタカーで宇佐神宮に向かいました。上宮と下宮それぞれに3つの御殿があり、合計6柱の神々が祀られています。それを想定していなかったので、財布の中にコインがほとんどなくて賽銭に困ったというのはさておき、ここは古代天皇家ともゆかりの深い場所です。二例四拍手一礼という独特の作法があり、木々に囲まれた美しい場所でした。
宇佐は唐揚げでも有名な場所なので、唐揚げのテイクアウト専門店と弁当屋をハシゴして唐揚げととり天を満喫し、次に向かったのは羅漢寺です。切り立った山肌にへばりつくように建てられた寺院は一見の価値があり、洞穴の中には無数の石仏、石像が安置されています。奥の庭園(300円)からは日本の原風景ともいうべき山間の景色を一望できました。その後、耶馬渓橋(大正時代の8連アーチ型石橋)、道の駅耶馬トピアと耶馬渓風物館(100円)、青の洞門(江戸時代の僧侶が川沿いの切り立った岩肌に作った通路)を散策し、別府へと向かいました。
こちらでは鉄輪(かんなわ)むし湯(510円+ロッカー100円)で香草が敷きつめられた蒸し湯に入り、別府温泉保養ランド(1100円)で硫黄臭たっぷりの泥湯に入りました。その間に2リットルのペットボトルの水を飲み干し、トイレにはいかなかったので、かなり発汗したと思います。
ここで時刻は1830です。ホテルにチェックインし、ホテル内の和食料理店で別府定食(そば、大分名物のとり天、だんご汁、りゅうきゅう丼のセットで1620円)を食べました。それでも一泊二食で5000円なので安いものです。食後はサンバリ―最上階の展望風呂と道向かいにあるアネックス館4階の岩風呂をハシゴしました。

旅行2日目、ホテルで朝食をとり、最上階の展望浴場から別府の街並みを一望してから、0840に出発。
最初に、ホテルに割引券が置いてあった貴船城(300円→250円)に行ってみました。しかしここは個人的には外れです。鎌倉時代の伝承をもとに、昭和30年代に建てられた城で、葵の御紋のまがい物の装飾が目立ち、内部には神棚と白蛇(アルピノ)が祀ってあり、初代白蛇のホルマリン漬けに二例二拍手一礼をした後、案内の人が白蛇相手に「オンソワカ……」と仏教系の真言を唱え始め、白蛇の抜け殻をお守りとして販売しています。歴史はないし、まがい物だし、城なのか神社なのか寺なのか怪しげな新興宗教なのか不明だし、城とつながっている個人宅にはベンツが停まっているし、学のない金持ちの道楽に付き合わされた感が半端ない場所でした。
次に訪れたのは血の池地獄(400円)。このあたりには地獄と呼ばれる各種温泉があり、それらをめぐる温泉巡りツアーもあります。私も以前参加したことがありますが、その中で一番印象に残ったのが、ここの赤い温泉水でした。絵面的にも、名前的にも、一番地獄らしい場所だと思います。
その後、別府海浜砂場(1030円+ロッカー100円)で砂湯を経験して全身砂まみれになり、和音という店でとり天定食(1060円)を食べ、湯都ピア浜脇(510円)でひなびたスーパー銭湯風の温泉に入り、湯布院方面へ。
塚原温泉 火口乃泉に向かいました。ここは標高800メートル、火山の中腹に位置する温泉です。少し山道を登って火口(200円)に行くと、硫黄臭たっぷりの煙がもうもうと立ち込めています。白い岩肌と雪、植物の緑と青い空、そのすべてが雄大であり、生者を拒む無言の圧を放っているかのような錯覚に陥りました。一方の温泉(500円)は洗い場すらない湯舟だけの狭い空間ですが、鉄イオンの含有量は日本1位、酸性度は日本2位という尖った仕様で、日本三大薬湯の一つと言われています。湯の温度が高いので、出たり入ったりを繰り返すことになりますが、しばらく外で涼んでいると、少し肌がひりつきます。ふと気づくと、前日からここまでの間に引っかき傷がかなり治っていました。温泉巡りをしたので、個々の効果ではなく累計でしか語れませんが、大分の温泉すごい……。
その後、空港に向かい、夕食は空港でとるつもりだったのですが、途中で休憩がてら立ち寄ったスーパーで小ぶりのりゅうきゅう丼(486円)が半額になっているのを見つけ、これ二つで夕食を済ませました。ゴマと醤油で味付けした刺身のぶつ切り丼で、宇和島の鯛めしや八丈島の島寿司ともどこか似ています。
レンタカー返却時、走行距離は242.8キロでレギュラーガソリン14.18L(2141円)でした。大分空港では無料の足湯に入り、カードラウンジに立ち寄り、定刻より少し遅れてセントレアに帰ってきました。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 1

坂本 理恵

ご担当者様

突然のご連絡大変失礼致します。Bridgeの坂本と申します。
弊社は広告代理事業を行う会社です。(http://www.bridge-world.jp/)

記事を見てご連絡させて頂きました。
広告掲載についてご相談させて頂きたいのでご興味ございましたら下記までメール頂けましたら幸いです。
sakamoto_rie@bridge-world.jp
by 坂本 理恵 (2019-03-11 12:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。