函館旅行記(18年8月):The 旅行道:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

函館旅行記(18年8月) [国内旅行記]

中学生の長男と一緒に函館に行ってきました。
今回は夏休み期間中の旅行であり、普通に航空券を買うとかなりの値段になります。そこで復路に搭乗する2か月前に、ユナイテッド航空のホームページから下記特典航空券を予約しました。二人分の往復で所要2万マイルです。
DAY1 NH499 NGO 1315 HKD 1445
DAY3 NH4828 HKD 1305 NGO 1440
ホテルは楽天トラベルで、1泊目はホテルオールインステイ函館(ツイン、朝食付き15000円)、2泊目はスーパーホテル函館(スーパールーム、朝食付き11800円)を予約しました。2か月前までフライトが決まらず、結局当初の第一希望から旅行先を変えたため、すでに空室のあるホテルは少なくなっていました。
なお、じゃらんでOTSレンタカー(48時間以内で8640円が、じゃらんクーポンで500円引き)を予約しました。

旅行初日、セントレアにある味仙で台湾ラーメンを食べ、カードラウンジ(同伴の長男は620円)に立ち寄ってから搭乗しました。函館空港到着後、レンタカーを借りて、まずはトラピスチヌ修道院(入場無料、駐車場200円)へ。ただし修道女たちの生活の場へは入れないので、外から建物を見て、展示館を見学して終わりです。
次に五稜郭へと向かいました。高さ100メートルを超える五稜郭タワー(大人900円、中学生680円)からは五稜郭の他に函館山を望むことができます。周辺に高い建物がないので、視界は良好でした。また五稜郭の中央には函館奉行所(大人500円、中学生250円)が再現されており、そちらも見て回りました。6年前に再現されたばかりであり、いかにも新築という香りがします。
ここを見終えると、時刻は1700でした。レンタカーでホテルに向かい、夕食はホテルから徒歩10分以内のところにある函館駅の2階でとりました。

2日目、0630からホテルで朝食をとり、0730にチェックアウト。0900過ぎに松前城に到着しました。ここは最北端にある日本式の城郭で、春には桜の名所にもなるそうです。ただしオリジナルは昭和24年に火災で焼失してしまい、現在経っているのは鉄筋コンクリートで復元されたものです。そのためこぎれいなものの重厚さはなく、中の展示と共にあまり印象には残らない場所でした。個人的には、最北端の城に来たというスタンプラリー的な意味合いで訪れました。
次に向かったのは松前奉行所。こちらは江戸時代の街並みや家屋を再現し、屋内にはマネキン人形を配置したテーマパークです。松前城との共通入場券で大人と中学生合わせて1000円ちょっとでしたが、チケットに値段の記載がなかったので詳細不明です。江戸時代の庶民の暮らしぶりを知るには良い場所で、松前漬けの試食もできました。
その後、トラピスト修道院(トラピスチヌ修道院の男性版)に立ち寄ってトラピストバタークッキーを買い、正午過ぎに函館駅前に戻ってきました。駐車場に車を停めて、函館朝市のきくよ食堂本店で巴丼(ウニ、イクラ、ホタテの三食丼、一人1815円)を食べてから、駐車場を移動し、旧イギリス領事館、旧函館区公会堂、北方民族資料館(共通入場券は大人720円、中学生360円)、ハリストス修道院(大人200円、中学生100円)、金森赤レンガ倉庫(古い赤レンガの建物内に地元のショップが入った場所)を徒歩でハシゴしました。
時刻は1500です。一度ホテルにチェックインし、休憩してから1700過ぎに出発。函館駅2階で塩ラーメンを食べてから、1800のバス(一人400円)で函館山に向かいました。このバスは土日のみの運行ですが、夕方から夜にかけて10分おきに走行しており、函館駅前から函館山の展望台までを30分で結んでいます。展望台はかなりの人出で、風も強く、なかなかゆったりと夜景を楽しむことは難しかったのですが、それでも明るいうちから暗くなるまでを何回かに分けて見ることができました。新世界三大夜景(モナコ、香港、長崎)からは外れてしまった函館ですが、その理由が少し分かった気がします。海のそばに市街地があり、光あふれる大地と漆黒の海のコントラストが美しいことは大前提ですが、函館は高層ビルがないために、そのコントラストが二次元で完結してしまっているのです。そのため、どこかのっぺりとした印象を受けました。
帰りも函館駅行きのバスに乗り、そこからは徒歩でホテルに帰ってきました。

3日目、0630からホテルで朝食をとり、0740に出発。国道5号を北上して、0820に大沼国定公園(駐車場400円)に着きました。ここでは当初、遊覧船(1100円、駐車場で割引券の配布あり)に乗るつもりでしたが、長男が眠そうにしていたので、乗っても中で寝てしまうだけと考え、急遽レンタサイクル(1時間500円×2台)を借りることにしました。しかし大沼を1周するのは70分のサイクリングコースであり、店の人に勧められたのは大沼に浮かぶ小島を結ぶ遊歩道(自転車乗り入れ禁止)の反対側まで自転車で大回りして移動し、あとは遊歩道を店のほうに戻ってきながらゆっくり散策するというコースです。これなら自転車は不要でした。
景色そのものは美しく、レンタサイクルを返した後も別ルートを散策したりして、結局ここで1015まで時間をつぶしました。その後、レンタカーで空港方面に戻り、湯の川にあるブルートレインという店で塩ラーメン(1杯540円)を食べてから、レンタカーを返却しました。今回レンタルしたのはソリオのハイブリッドで、285キロ走って15.88リットル(2382円)でした。函館空港からは遅延なく、セントレアに帰ってきました。


実は先月末に長男と二人で青春18きっぷを使い、京都日帰り旅行をしました。その残りが3日分あるので、今月は中国、四国方面にも旅行する予定です。
来月以降は9月に黄山、10月にシェムリアップ(アンコールワット)、11月にヤンゴン、12月に南京、1月に西安、2月に高雄、3月にバンコクに行く予定です。今月から燃油サーチャージが上がるため、先月のうちに駆け込みで今年度末までのチケットを発券しました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。