釜山旅行記(18年2月):The 旅行道:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

釜山旅行記(18年2月) [海外旅行記]

昨年3月、日本航空(JL)ホームページで下記の特典航空券を発券しました。所要12000マイルと5900円です。
DAY1 JL3082 NGO 0815 NRT 0925
DAY1 JL0957 NRT 1035 PUS 1305
DAY3 JL0958 PUS 1405 NRT 1610
DAY3 JL3087 NRT 1830 PUS 1950 (NGO、NRT、PUSはそれぞれ名古屋、成田、釜山)
ホテルは楽天トラベルで東横イン釜山駅店2(3つ星、朝食付き2泊で10100円)を予約しました。

最近、私は韓国人の民族特性を「常に自分は悪くないと考える頭の悪さ」という一文で説明できるような気がしています。
喚こうが、暴れようが、人を貶めようが、常に自分は悪くないと思っていられるので、ヒートアップした時の行動は必然的に醜悪になります。自分は常に悪くないという前提があるので、周りからは理解できない根拠のない自信を持っていられます。自分は常に悪くないので、詰めの甘い仕事をしても堂々としていられます。「ケンチャナヨ」と開き直れます。それで結果が悪ければ、自分のせいではないので他人のせいにします。そして自分は常に悪くないという前提で物事を考えるので(前提条件が間違っているので)、そこから導き出される考察は救いようのないほど的外れなものになります(例:日本人が韓国を嫌うのは嫉妬しているから)。それが「最悪の時に最悪の選択をする」と言われる彼らの行動様式に結びつきます。そしてそれを指摘しても、絶対に受け入れることはできません。この気持ち悪いまでの頭の悪さ、認知バイアスを、昔の日本人は「バカでも○ョンでも」と形容し、バカ○ョンカメラという語が作られたのかもしれません。韓国人には、知能指数に反映されない頭の悪さがあります。もちろんノーベル賞に結びつくような常識にとらわれない発想とも縁遠く(むしろ何かに執着してばかりで)、現在のところ科学系のノーベル賞受賞者は出ていません。相手の神経を逆なでするようなことを散々してきて、いざ冷たくあしらわれると、何も悪くない自分が一方的に冷遇されたと心の底から信じます。彼らの脳内では、彼ら自身は常に何の非もない被害者なのです。
朝鮮には「荒々しい言葉で話しかけてこそ、返ってくる言葉が美しい」ということわざがあるそうです。慰安婦案件での執拗な嫌がらせを見ていると、このチンピラ精神が韓国人の骨の髄までしみ込んでいることがよく分かります。それでも彼らの脳内では、彼ら自身は常に善良な被害者なのです。
一方で中国人ほど粗暴ではなく、民度も中国人よりまともで、表面的には愛想の良い民族です。何も知らなければ、韓国人の第一印象は割と良いでしょう。だからこそ、これまで多くの日本人が騙されてきました。
今回はそんな韓国への旅行です。ヒャッハー!
嬉しさのあまり、つい歓声が出てしまいます。

私が以前ウルムチに行った時、航空券を発券してから旅行当日までの間にウイグル自治区で大規模な暴動が起き、旅行を取りやめるかどうか悩みました(結局行きましたが)。そんな経験があったので、きな臭い朝鮮半島に行くなら、突然戦争になるリスクの極めて低いオリンピック期間中にしようと思いました。釜山を選んだのは、有事に米艦が釜山港から日本人を退避させる計画になっていたからです。
もちろん平昌には行きません。そもそもソウルから平昌までのKTXを個人で予約できず、オリンピック観戦のための韓国旅行そのものを諦めたという話も聞きますし、風が強くて体感温度はバナナで釘を打てるレベル。地下水にノロウイスルが入り込んで、多くの患者が出ています。現地のホテルは直前までぼったくり料金を提示し、結局空室だらけになってしまったとのこと。自業自得ですが、地元ホテル関係者の脳内では、その料金で泊まりに来なかったチョッパリ(日本人の蔑称)のせいになっているかもしれません。そんなところに金を落としたくないので、私は韓国の国内放送でオリンピックを観戦するだけで十分です。一方で会場近くに勃っているというモルゲッソヨ像だけはぜひ見たかったのですが、仕方ありません。釜山で9cm大のモルゲッソヨ像が売られていないか探してみることにします。知らない人は「モルゲッソヨ」でググってください。
かつて北京オリンピック期間中に天津に行った際、ホテルでテレビを見ていると、日本人選手と中国人選手による柔道の決勝戦が放映されていて、日本人選手が勝った瞬間に他の試合に切り替わるというシーンを目撃しました。韓国のテレビではどうなのか、それも楽しみの一つです。

旅行初日、セントレアでチェックインを済ませ、成田乗り継ぎで、釜山に向かいました。今回は手持ちのウォン(以下W)を持ってくるのを忘れてしまったため、釜山金海空港で3000円だけ両替しました。レートは100円=937Wです。そこから軽電鉄(1400W)と地下鉄(16000W)を乗り継いで温泉場駅へ。駅の近くに虚心庁という有名な温泉施設があるのです。料金は平日8000W、土日10000Wで、この日は金曜でしたが、実は旧正月で韓国の祝日だったため、10000W取られました。20世紀に造られたスーパー銭湯のような場所です。
ここでモルゲッソヨ長さについて少しだけ触れておきます。プランク長さはこの宇宙で最小の長さですが、モルゲッソヨ長さは韓国で最小になるとされている長さです。日本人のモルゲッソヨ長さ上位半分をA群、下位半分をB群、韓国人の上位半分をC群、下位半分をD群とします。この四群間で比較すると、D群はかなりの確率で他群とのあいだに有意差が出そうです。ただしあくまで個人の感想なので、本当にそうなのかはモルゲッソヨ。意味が分からない人は、気にせず読み流してください。どうせたいしたことは言っていません。
ここで90分ほど費やしてから、地下鉄で釜山駅に移動しました(1600W)。駅舎内を散策してからホテルに向かい、チェックイン。部屋で少しテレビを見てから、南浦洞へ夕食を食べに出かけました。この日のメニューはサムゲタン(12000W)と屋台のトッポッキ(2000W)です。街中の両替所で両替したところ、100円=995Wでした。食後、手乗り慰安婦像と9cmモルゲッソヨ像が売られていないか探してみましたが、見つかりませんでした。手乗り慰安婦像は実在するようですし、9cmモルゲッソヨ像も作れば私のような韓国マニアに受けると思うのですが……。

2日目、ホテルで朝食をとってから9時に出発しました。まずは地下鉄の一日乗車券(5000W)を買って梵魚寺駅へ。5番出口と7番出口の間にある細い道を山側に数十メートル上っていくと、90番バス(1300W、お釣りは出ません)のバス停があります。人の流れに沿って歩けば迷わずに済み、バス自体も頻繁に出ています。終着のバス停で降り、山道を登っていくと、韓国特有の色鮮やかな寺院が見えてきます。ちょうど読経の最中で、信者も大勢いたので、そこに混じって周りの様子を観察してきました。立位と土下座の姿勢を繰り返す祈り方はイスラム教、ロシア正教、チベット仏教などに通じるものがあります。つまり世界三大宗教すべてに共通しており、敬虔な信者が祈りを捧げようとすると、必然的にこのスタイルに行きつくのかもしれません。
ここを見終えてから90番バスと地下鉄を乗り継いで西面駅に向かい、その南西にあるデジクッパ通りの店でデジクッパ(6500W)を食べました。これは薄い豚肉が入った白湯スープで、釜山の郷土料理です。
食後、地下鉄で大渕駅に行き、そこから徒歩で釜山博物館へ。通常3000Wですが、この日は旧正月で無料でした。ここの日本語説明文に思うところがあったので、いくつか紹介します。

・16世紀後半、北東アジアの国際秩序に変化が起こり始めたことで、日中間の三か国は国内外で揺らぎ始めた。この当時日本は乙卯倭変と寧波の乱以後、朝鮮、明との貿易が廃止され経済的に大きな打撃を受けた。これに戦国時代を終結させた豊臣秀吉は、経済的困難を解決し国内勢力間の対立を解消するため、朝鮮を侵攻し、文禄・慶長の役が始まった。(豊臣秀吉の朝鮮出兵の動機が、私の知っているものと違います)
・近代という新しい時代が海を渡って朝鮮に訪れた。1876年、日本の弾圧によって結ばれた日朝修好条約は、近代という新しい時代の流れが前途多難であることを予告していた。同条約後に朝鮮初の近代的な開港場となった釜山には多くの西洋人が訪れた。開港当初、漁港に過ぎなかった釜山は、次第に都市へと変化し、都市空間の所々にエキゾチックな要素が定着し始めた。これらの開港期の変化は、釜山の人々の生活に、葛藤、調和、共存の可能性を予告した。(えーと、日本の弾圧で釜山が発展したということですか?)
・日本は開港直後に設けた専管居留地を足場に植民地収奪のための施設を拡大していった。朝鮮人らは新たな教育を受け入れ、近代化と民主主義教育を活性化させる一方、商業組織を作って日本の経済侵略に対抗した。しかし1910年、日本の韓国併合により自主的な近代化は失敗してしまった。日本は日本統治時代の間、湾港埋め立て工事や市街地の計画、道路網の整備、電車の開設などを通じて、釜山を植民都市にしていった。(日本が釜山を発展させたという事実しか読み取れませんが、なぜか文句を言っています)
・1876年、釜山港の開港とともに西洋人の居留区が形成され、西洋の文化が移植され始めた。人々は興味深く彼らの姿を見て、不思議なもの、奇異なものとして驚いた。かといって、当時の人々が西洋の見知らぬ文化を快く受け入れたのではなかった。人々は、自動車や電車のような文明の利器を西洋から来た怪物とみなし、強い拒否感を示した。(日本が未開な朝鮮を近代化させてしまいました。ごめんなさい)

ここを見終えた後、地下鉄2号線、3号線、4号線を乗り継いで(試乗して)東菜駅に行き、そこから1号線で草梁駅へ。ここには日本領事館があり、その裏手、駅の5番出口と7番出口の間にあるエレベーターの後ろに、日韓合意後に増殖した慰安婦像があるのです。もともとは米兵が運転する車との交通事故でなくなった少女の像でしたが、いつのまにか慰安婦という設定に変わり、広く定着しました。このあたりに反日さえできれば事実関係はどうでも良いという韓国の国民性が出ています。マフラーやら靴下やら色々と着こんでいましたが、周りに人影がなかったのが意外でした。
だって韓国の国教である反日教の御本尊ですよ?
大統領ですら顔色を窺うという韓国の国母ですよ?
この像に祈りを捧げるだけで、日本の勢力が及ばなかった年代、地域で日本軍の慰安婦として働かされたり、日本軍によってジープやヘリコプターで拉致され、クリスマスを祝ったりしたという時代考証を無視した時をかける少女になれるのですよ?
警察官の七倍という高給を得て、給料の前借りができて、貧しい家で育っても数年後にはなぜか周囲よりもかなり裕福になれるのですよ?
休みの日には将校と出かけることもあったと米軍の資料に書かれているくらい自由で、それでも韓国人が大好きな被害者になれるのですよ?
避妊具を支給されて、現在ではその日本メーカーを戦犯企業と呼んでいるのに、それでも妊娠して開腹手術でおろされたと下腹部の手術痕を見せて「今年」証言できるくらい長生きできるのですよ?
現在、アメリカでは韓国人の職業売春婦が多くて問題になっており、韓国人の若い女性は入国審査で手間取るという話もありますが、そんな時でもこの像に祈りを捧げれば、どこにでも行けて、たくさん客がついて稼げるというご利益があるとかないとか。
そんなありがたい御本尊に対して、韓国人は冷たくないですか?
私はもっとこう、近づくだけで親衛隊が因縁をつけてくるような刺激を期待していて、何か言われても「モルゲッソヨ」とやり過ごすつもりだったのですが、これでは反日が足りません。
という訳で、地下鉄で中央駅に移動し、釜山近代歴史館(入場無料)へ。ここならきっと、あなたの期待していた反日に出会えます。
まずは日本統治時代の楽しそうな写真の数々が展示され、映画で誰かが死んだ時のような切ない曲がミスマッチに流れてくる1階を見てから2階へ。ここが日本統治時代の展示であり、反日成分に満ち溢れています。ちなみに3階は朝鮮戦争時代の展示です。

・釜山港が開港し、朝鮮政府は1896年、日本との外交・貿易業務を担当する監理署を設置して監理を派遣し、対外交渉の業務の体系を備えた。監理の下には治安を担当する警務官を置いたのだが、初代の警務官は朴であった。一方釜山が開港し、仲買い商は経済の事情をよく知らない日本の商人との取引をして利益を得るため、釜山港に集まった。彼らは日本の商人と競争するために銀行・汽船会社・倉庫業などを育成させ、自主的な近代化を推し進めた。朝鮮の商人は日本の商人とまともに競うことはできなかった。そこで釜山の朝鮮の商人らは日本の商人に対して組織的に対抗するため、商人団体である商業会議所を設けたり、1907年に国際報償運動を主導し、日帝の経済侵攻に抵抗した。(事情をよく知っている地元民に有利な展開だったはずなのに、日本の商人に自由競争で負けたのですね。それは経済侵攻ではなく、あなたたちに実力がなかっただけですよ)
・日帝強占期の朝鮮と日本との貿易の骨格は朝鮮米と日本の工業製品との交換であった。日帝は日本人産業資本家の利潤確保のため、安い朝鮮米を日本に持ち去り、日本で生産された工業製品を朝鮮へ持ち込んだ。日本に流入した朝鮮米は日本の労働者の賃金を引き下げ、安い日本の工業製品は朝鮮の家内手工業を破壊した。(ごく普通の競争であり、貿易ですね。安い朝鮮米というからには対価が支払われたということであり、購入したものを持ち去るのは当たり前のことです。朝鮮が一方的に被害者ぶるのは違和感があります)
・日帝の朝鮮に対する基本政策は、米の収奪のための農業振興政策であり、土地調査事業、産米増殖計画などが代表的な農業政策であった。(日本は朝鮮米に対価を払った顧客であり、さらに増産の手助けをしたということですね。これでなぜ感謝されないのか不思議なレベルですが、実際には収奪と言いがかりをつけられ、恨まれています)

まだまだありますが、なんだか途中で疲れてきました。
おなか一杯になったところで南浦のロッテ百貨店に向かい、17時からの噴水ショーを見ました。そして前日と同じ店でソルロンタン(7000W)、トッポッキとチキン(唐揚げチリソース)の盛り合わせ(3000W)を食べてから、ホテルに帰ってきました。
その後、ホテルでテレビを見ていましたが、オリンピック放送については普通ですね。韓国人が勝った試合ばかり何度も再放送しているので、韓国がメダルラッシュなのかと勘違いしそうになりますが、18日時点でのメダル総数は日本のほうが上でした。でも日本人がメダルを取った前日の試合の放送もあったりして、特にこれといった思想は感じられません。

3日目、ホテルで朝食をとり、9時前にチェックアウト。この日はぶらぶらと南浦洞周辺を歩き回りました。チャガルチ市場にはたくさんの魚が並んでいますが、日本より割高ですし、韓国の下水道が未発達で海洋汚染されていることを知ると、まったく食指が動きません。釜山タワー(8000W)の麓まで行きましたが、そもそも韓国の街並みがあまり美しくないので、何度も来たいと思える場所ではありません。今回はパスしました。そして足が向かった先は釜山近代歴史館。もう何もかもが香ばしくてネタの宝庫です。ここではっきりさせておきますが、私が韓国ネタでごはんをおいしく食べられるのは、韓国に嫉妬しているからではありません。認知バイアスでなければ、ここまで読んで分かりそうなものですが、一応言及しておきます。
11時にネタの聖地を後にして、地下鉄(1600W)と軽電鉄(1400W)を乗り継いで空港へ。プライオリティパスでスカイハブラウンジに入り、ここで軽く昼食をとってから搭乗し、成田乗り継ぎで名古屋に帰ってきました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。