札幌旅行記(18年2月):The 旅行道:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

札幌旅行記(18年2月) [国内旅行記]

札幌の雪まつりに行ってきました。
この時期、札幌行きのチケットは眼玉が飛び出るくらい高くなります。そこで昨年10月のエアアジアジャパン(DJ)就航キャンペーンと、それに対抗したジェットスター(GK)のキャンペーンを利用して航空券を購入しました。
DAY1 DJ1 NGO 0735 CTS 0925
DAY2 GK186 CTS 1635 NGO 1835
NGOとCTSはセントレアと新千歳で、往路6000円、復路6300円です。
宿泊は楽天トラベルでニコーカプセルリフレ(朝食つき3700円のところ、楽天バウチャー利用で3200円)を予約しました。ここは大通り近くにあるカプセルホテルで、朝から晩までロウリュウ(サウナでの熱波サービス)をしています。本当はプライベート空間のあるデラックスカプセルを予約したかったのですが、雪まつり期間中だけあって予約解禁日にはすでに空室がなく、スタンダードカプセルの予約になりました。
題して「北の大地! 熱波と雪の祭典2日間」。ツアー代金は往復飛行機と朝食付きの宿泊で総額15500円です。
往復とも、あらかじめWEBチェックインを済ませ、搭乗券をプリントアウトしておきました。

初日、定刻より少し早く新千歳に着き、0930の電車で札幌に向かいました(1070円)。所要時間は38分です。駅周辺を少し散策してから地下鉄の一日乗車券(830円)を購入し、東豊線でつどーむ会場のある栄町へ。ここから100円のシャトルバスが出ており、乗車の行列ができていました。しかし私の感覚では徒歩圏内です。
ここは小学生、高校生の作品と子供向けの氷のスライダーがある場所です。一通り見終えるころには寒くなってきて、日清が経営する休憩室に立ち寄りました。北海道限定?の北のどん兵衛・鴨だしそば(200円)を食べて温まり、帰りにつどーむに立ち寄ると、ドーム内にローカルフードの屋台が立ち並んでいました。ザンギ(鶏の唐揚げ、300円)、ジンギスカン焼きそば(500円)で昼食を済ませ、地下鉄で福住へ。ちなみにつどーむ会場から大通会場へのバス(210円)も見かけました。
私は福住からバス(210円)に乗り、羊ヶ丘展望台(520円)へ。雪原にたたずむクラーク像の写真を撮り、歩くスキー(貸出無料)を体験しました。普通のスキー板より細くて軽く、エッジがないので、雪目に足を取られてバランスを崩してしまいます。大学時代に高速クアッドリフトに3分間乗って、その距離を1分半で降りてくる周回ハムスターだったことを思い出し、この日もハムスターをしていたら、1時間ほどで「もう終わり」と止められてしまいました。
その後、足湯(無料)に入ってから、1534発のバスで福住に戻り、そこから地下鉄で丸山公園へ。すでに16時を回っていたので外門までしか行けなかったのですが、雪の北海道神宮を参拝してきました。外人には興味のある風習らしく、二礼二拍手一礼の参拝を写真に収めている姿を見かけました。
その後、地下鉄で大通り駅に向かい、狸小路商店街で味噌ラーメンを食べてから、ホテルにチェックイン。先にも書いたとおり、ここでは毎時0分からロウリュウを行っています。まずはサウナ室に直行し、18時からの回で存分に熱波を浴びてから、夜の雪まつりへと出かけました。自衛隊が作成する巨大雪像は大通会場にあり、ここが雪まつりのメイン会場です。スノボのジャンプ台、FF14「白銀の決戦」、ストックホルム大聖堂、薬師寺大講堂、手塚治虫オールスターズなどの大雪像、そして旧台中駅の大氷象がありました。中でもFF14 と薬師寺大講堂で行われるプロジェクションマッピングは完成度も高く、これだけのために札幌まで来る価値があったと言えるものです。西のほうには様々なチームが作成した雪像もあり、外国チームも参加していました。マカオ、インドネシア、タイという雪とは無縁の国の完成度が高く、新鮮な驚きがありました。
大通会場を見てから、すすきの会場へ。ここは高さ2メートル程度の氷像の展示がメインです。氷のシート(座席)や滑り台もあり、私も体験してきました。
ここを見終えてからホテルに戻り、22時のロウリュウで体を温めました。

2日目、ホテルで朝食をとりました。ここの朝食メニューはかなり充実しており、国内にある1万円以下のビジネスホテルでここを超えるところは少ないと思います。定番メニューはもちろんのこと、チーズフォンドュ、チョコレートフォンドュ、タラコ、塩辛、フルーツ、スクランブルエッグ、湯豆腐、ジャージャー麺、北海道フードコーナーなどかなりバリエーション豊かです。
食後、8時からのロウリュウで体を温めてからチェックアウト。冷たい外気が心地よく感じられます。しかし前の晩に立ち寄ったすすきの会場と大通会場を再び散策し、11時半を回ったところで寒さに嫌気がさしてきました。これ以上、屋外を歩くのは辛かったので、地下街を通って札幌駅まで歩き、土産物を買ってからJRで新千歳空港へ。
空港内のフードコートで松尾ジンギスカンのジンギスカン丼(980円)を食べ、カードラウンジで時間をつぶしてから、飛行機に搭乗しました。セントレアではカードラウンジに立ち寄って時間を調整し、名鉄電車で帰ってきました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。