ウェスティンナゴヤキャッスル宿泊記(10年8月):The 旅行道:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

ウェスティンナゴヤキャッスル宿泊記(10年8月) [ホテル宿泊記]

現在、名古屋市内にはエグゼクティブ(コンシェルジュ)ラウンジを有する高級ホテルが4つあります。マリオットアソシア、ヒルトン、東急、そしてウェスティンナゴヤキャッスル(以下ウェスティン)です。ヒルトン(http://ryokodo.blog.so-net.ne.jp/2010-02-14)とマリオットアソシア(http://ryokodo.blog.so-net.ne.jp/2010-04-25)のラウンジは以前利用したことがあり、一方で東急のラウンジは幼児の入場が禁じられているため、幼稚園児の長男を連れての宿泊はできません。そのため、残るウェスティンのエグゼクティブフロアに泊まってみたいと以前から思っていました。このホテルはその名のとおり名古屋城に隣接する、古くからの高級ホテルです。客室は名古屋城側と街側に分かれていますが、もちろん前者の方が見晴らしが良く、値段も高めに設定されています。
今回、じゃらんでエグゼクティブフロア街側ツインの部屋に、夫婦二人、長男は添い寝で、一泊合計19000円で泊まれるプランを見つけたため、29日の夜に宿泊することにしました。なお、今回のプランには名古屋城の入場券がついていました。
チェックインは13時からとのことですが、昼間に別の用事があったため、私たちは15時ごろホテルに到着しました。8階の街側にあるエグゼクティブラウンジでチェックインし、9階街側の客室へと案内されました。クリーム色をベースに木製の家具が配置された落ち着きのある室内で、シャワー・洗面所と別にトイレが用意されていました。そこに荷物を置き、再び先程のラウンジへ。ヒルトンやマリオットと比べると小さめのラウンジで、ドーナツ、パン、チョコレート、各種ソフトドリンク、コーヒー、紅茶が用意されていました。ここのラウンジは7時半~18時しかオープンしてなく、17時半~19時半のハッピーアワー(アルコールとオードブルのサービスタイム)は1階にあるカフェで開催され、その後も21時まで同じ場所でソフトドリンクだけ飲み放題とのことでした。
ラウンジで一服してから、私と長男はホテルの敷地横にあるフィットネスクラブのプールへと行きました。ここにはサウナやトレーニングルームもありますが、12歳未満はプールのみ利用可とのことです。地下2階にあるプールは大きいものの作りが古く、昔のスイミングスクールを思い出させるものでした。
その後、17時半になるのを見計らって1階のカフェに行きました。人数分のオードブル盛り合わせが提供され、ビール、ウイスキー、ワイン、数種類のカクテル、ソフトドリンクが飲み放題でしたが、オードブルの追加はできず、それだけでは物足りなかったため、我が家は味噌カツサンドとフライドポテト(合計2450円)を追加注文しました。味噌カツサンドはコテコテの名古屋味で、やや食傷気味になりました。ドリンクもかなり大きなカフェで3人しかスタッフがいないため、手を上げて持ってきてもらうまで時間がかかります。好きなオードブルやドリンクを自由に取りに行ける、ヒルトンのエグゼクティブフロアやマリオットのコンシェルジュフロアを想像していくと、少しストレスが溜まるかもしれません。
私たちは19時過ぎにホテルを出て、名古屋城の周りをぐるっと散歩することにしました。それからもう一度先程のカフェに立ち寄り、ソフトドリンクを飲んでから部屋へ戻りました。入浴後少し喉が渇きましたが、すでにラウンジは閉まっており、客室にサービスでおいてあるミネラルウォーターを飲んでから寝ました。
翌朝は7時半~10時までエグゼクティブラウンジで朝食を摂ることもできましたが、こちらはコンチネンタル風の軽めのメニューとのことであり、1階にあるレストランのビュッフェへと行きました。そちらで朝食を摂った後、妻と子供は行きたくないの言うので部屋に残し、私一人で名古屋城を見学してきました。小学生の時以来、実に何十年ぶりでしたが、ここは戦後に復元された城であり、エレベーターで最上階まで上れるため、あまり風情は感じませんでした。その後部屋へと戻り、家族3人でエグゼクティブラウンジに行き、1時間ほどくつろいでからチェックアウトしました。仕事は午前中半休で午後から行きましたが、複数の新入院や他院への救急搬送もあって多忙でした。

ウェスティンはさすがに伝統ある高級ホテルであり、ソフトもハードも良いものを持っていますが、エグゼクティブラウンジの営業時間が短いのがネックです。横の客室を1~2室つぶしてラウンジを拡張し、夕方のハッピーアワーを含めて22時くらいまでオープンすれば、エグゼクティブフロアの付加価値がもう少し上がると思うのですが、現状ではコストカットはやむを得ないのでしょうか?
この点とプールの質感が改善されれば、多少価格がアップしてもまた泊まりにいきたいと思います。ちなみに私がこれまで泊まった中で、附帯の屋内プールが最もすばらしかったのはニッコー天津です。大理石で彩られた神秘的で上質な空間でした。
nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 4

旅爺さん

一泊19000円で泊まれる・・・参るな~(毎留さん)高い~!”
爺は14000円位までだね、貧乏なんです。笑
by 旅爺さん (2010-08-31 08:31) 

毎留

「旅爺さん」さんへ
エグゼクティブフロアは1泊2食、夕方飲み放題、おやつ、プール付と考えれば、通常フロアよりもむしろ割安な気もします。19000円は家族3人の総額です。
ただ、1泊2食、お酒、温泉をつけて大人2人で14000円に抑えるのであれば、ドーミーインチェーンで朝食付きツイン1万円のプランを探し、夕食とお酒代に一人2000円ずつ割くというのはいかがでしょうか?
by 毎留 (2010-08-31 12:41) 

雪華

ご訪問&nice!、ありがとうございます(^^)
by 雪華 (2010-08-31 12:56) 

旅爺さん

19000円が家族3人の総額なら連泊します。笑
by 旅爺さん (2010-09-07 11:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0